フィジカルアセスメントとつながった訪問看護の電子カルテ、看護のアイちゃんを知りたい
フィジカルアセスメントとつながった訪問看護の電子カルテ、看護のアイちゃんを導入したい
フィジカルアセスメントとつながった訪問看護の電子カルテ、看護のアイちゃんを使いこなしたい

フィジカルアセスメントとつながった訪問看護の電子カルテ、看護のアイちゃんを使いこなしたい


訪問記録を、ステーションの知的財産、パワーツールに変えられます!


訪問看護の電子カルテの監修・開発者であるフィジカルアセスメントの第一人者、名古屋大学大学院の山内豊明教授からのメッセージ
看護師の思考の整理と判断が標準化され、しかも、看護記録になる訪問看護の電子カルテです。
看護師が判断するまでの思考が見える
看護師が導いた看護問題に対応した看護計画を自動作成できる訪問看護の電子カルテです。
看護計画を自動作成
前回の訪問看護師の思考過程や判断、看護問題を確認できる訪問看護の電子カルテです。
新人看護師でも安心です! 前回訪問した看護師の思考が確認できます

「アイちゃんのアセスメント」は、名古屋大学大学院山内豊明教授の監修です!

正式名称を「セントケア・山内方式」といいます。

 

2 本の柱で構成する「アイちゃんのアセスメント」セントケア・山内方式

★在宅に必要なアセスメント力

在宅看護に関わる看護師は、どのようなアセスメント力が必要なのでしょうか?

看護経験や知識の差があったとしても、「生命を維持し、在宅生活を継続できる」と言いきるためのアセスメント力が必須です。

それには2 つの理由があります。

 

【2つの理由】

  • 在宅看護は、医師がいない状況で提供される看護であり、その場での判断が求められます。
  • 在宅看護は、24 時間、観察を続けることはできないため、訪問時に、利用者の近い将来を予測することが求められます。

 「アイちゃんのアセスメント」は、この高度な要求に看護経験や知識の差があったとしても応えられるものです! 2 本の柱で構成されています。

 

★アセスメントの2 本の柱

  • 生活を維持するための「看護」

「呼吸」「水分」「代謝」「循環」の4 つの視点から、生命維持を阻害するリスクを判断するアセスメントです。 

【特徴】

1)在宅に存在する「医療の空白時間」をアセスメント

2)異常に気付くより遥かに難しい「異常なし」を判断

3)判断の根拠となる観察項目を厳選

「呼吸」「水分」「代謝」「循環」の4 つの視点から、生命維持を阻害するリスクを判断できる訪問看護の電子カルテです。
  • 生活を支えるための「看護」

「~したい」という生活の根底となる8 つのニーズを視点にして、アセスメントを行います。

病気や外傷、虚弱になった療養者の生活を再構築するためのものです。

 

【特徴】

1)あくまでも、ニーズに関連したアセスメント項目

2) ADL 評価は、ニーズ達成のために用いる

3)判断の根拠となる観察項目を指定

食事、排便、トイレ、入浴、外出、痛みのアセスメントから、療養者の生活を再構築できる訪問看護の電子カルテです。

アセスメントフローチャートとは、質問にYes またはNo で進みながら、結論を出していくツールです。

看護師の思考をアシストし、見える化(可視化)します。

それだけではなく、思考過程が保存されるため、情報共有、説明責任を果たすツールなのです!

このチャートの使い方は、簡単明瞭です!

設問に「Yes またはNo」で答えて進みます。そして、問題領域、あるいは、プロトコルを確定することができます。

 

質問に対してYes またはNoを選ぶことで結論が出ます。看護師の思考が見える化(可視化)される訪問看護の電子カルテです。
訪問看護師の思考が見える!
情報共有が簡単にできて、しかも、誰でも理解できる質の高い看護記録が書ける訪問看護の電子カルテです。
記入しやすく、わかりやすい看護記録が実現できます
誰でも同じ見方でアセスメントして、結果はスタッフ間ならどこでも共有でき、質の高い看護につなげられる訪問看護の電子カルテです。
新人訪問看護師でも、判断に自信が持てます!

フローチャート式に「アセスメント」を入力すると、標準的な「訪問看護計画書」が自動で作成されます。

この標準的な看護計画書は、自由に編集することができます。つまり、標準看護計画で要点を押さえ、

個別性のある看護計画に改変することができるということです。

 

★ 訪問看護計画書編集・出力

  ・問題領域メニュー画面

  ・ケア項目メニュー画面

  ・リハビリ記録

  ・創傷記録

★ 訪問看護報告書作成・出力

  (訪問記録より、情報の反映可能)

★ 情報提供書作成・出力

★ 顧客情報管理

  ・お客様台帳

  ・関係機関台帳

  ・フェイスシート

  ・終了記録、他

  ・日報

  ・月報

 

スムーズに操作でき、複雑な業務をすっきり整理、保管も安心な訪問看護の電子カルテです
直感的に操作できる「スタート画面」

【問題領域~プロトコル詳細と背景】

アセスメントの結果より、問題領域とプロトコルが画面に反映します。

アセスメントの結果は、自動的に看護問題を整理します。詳細を記入できる用紙にも情報は反映されます。
アセスメント結果を整理するのも得意です!

【看護記録(ケア項目)】

バイタルサイン、及び行ったケア内容を入力

繰り返しのケア記録はチェックでOK、フリー入力にも対応。訪問看護記録が楽になる訪問看護の電子カルテです。
訪問看護記録が楽になるしくみを満載

【リハビリテーション記録】

リハビリテーション内容をプログラムごと詳細に入力

リハビリテーション記録も要点をつかんで的確に記入できる訪問看護の電子カルテです。
PT・OTも納得の「リハビリテーション記録」

【創傷記録】

日本褥創学会「DESIGN-R」による評価、及び処置内容等を入力

皮膚トラブルの記録も要点をつかんで的確に記入できる訪問看護の電子カルテです。
皮膚トラブルも自動でスコア化できるので経過を追跡できます

 

 

Q 1 : 計画書作成に困っています。アイちゃんは役立ちますか?

A 1 : 大得意です!

「看護のアイちゃん」では、アセスメントフローチャートから導き出した根拠から、標準看護計画を自動で作成することができます。

しかも、その標準看護計画は、自由に編集できます。

優先順位を入れ替え、文言の追加・修正等をすれば、個別性のある看護計画が完成します。

2 か月目以降は、前月の計画書情報が次月に引き継げるので、さらに作成のハードルが下がります!

計画書作成画面上で前月の計画書を閲覧すること、計画書の文字を選択してコピー&ペーストが可能です。(報告書にも同機能あり)


 

 

Q 2:アセスメントフローチャート、難しくありませんか?

A 2:大丈夫です!

アセスメントフローチャートの質問項目には、聞いたことがないような難しいものはありません。

誰もが同じ見方・判断ができるように、普段から活用されている判断基準を「医学的優先度順」に並べているものです。

繰り返し使うことで、緊急時の対応や、今後の予測など多方面に役立つアセスメント力が自然と身につきます。




 

Q 3:スタッフ間の経験・知識の差が大きく、指導方法で悩んでいます。

A 3: スタッフ教育のサポート力があると、評価されています。

「看護のアイちゃん」をご利用いただくことで、得意分野、または、苦手な分野が浮き彫りになり、学びにつなげやすい環境になります。

アイちゃんを「経験豊かなスタッフ」と位置付けて、「アイちゃんに聞いてみようか?」とスタッフ間の「のりしろ役(あねご役)」としてご活用されているステーション様もあります。

 



Q 4:訪問看護未経験者ばかりなのですが、使いこなせますか?

A 4:ご案内から導入まで、訪問看護の経験者(看護師)がサポートします。

導入後も、最新情報の配信やセミナーのご紹介、お困りごとなど等、「おせっかい看護師」が全力でフォローいたします。


 

 

Q 5 : 小児専門のステーションなのですが。

A 5 :『コメント機能』の活用により、柔軟な記録が可能です!

アセスメントフローチャートには、その方独自の判断基準や判断のコツ、注意事項などを書き込める『コメント機能』があります。

これにより、年齢・病名はもとより、その方の価値観にも考慮したアセスメントが可能となりました。


 

 

Q 6 : PT・OTも在籍しています。使える記録はありますか?

A 6 :「リハビリの記録」という書式もご用意しています。

なぜこの運動が必要なのか?その時の反応は?など、多職種でも読みやすいフォーマットです。


 

 

Q 7 : サマリーを書くのが大変なのですが・・・

A 7 :  わかります・・・。

看護のアイちゃん」は、サマリーの書式とフェイスシートが丸ごと連動。

サマリーをサクサク記入、「5分で完成」も夢ではありません♪ 

 現在の生活状況を確認するだけなので、「入院です!」とご連絡を受けた5 分後にサマリーを完成させることができます。


 

 

Q 8 : 訪問先でも閲覧することはできますか?

A 8 : インターネットにつながる環境があれば、閲覧できます。

(対応機種等、お気軽にご相談ください)


 

 

Q 9 : 紙で取り出すことはできますか?

A 9 : できます。

「看護のアイちゃん」は、日々の訪問記録のほかにも、さまざまな帳票を「excel シート」として取り出せます。

(帳票:日々記録・リハビリ記録・創傷記録・報告書・計画書・情報提供書・日報・月報・お客様台帳・終了記録・フェイスシート・サマリー他)


 

 

Q10 : スタッフが増えたら、値段が上がりますか?

A10: ご安心ください。

「看護のアイちゃん」の月額利用料は、事業所様単位の明朗価格です。

スタッフ様数・お客様数・パソコン台数に関係なく、利用料は一定です!

(初期導入費用は法人様単位です)


 

 

Q11 : 報酬改定時などの対応はどうなっていますか?

A11 : 迅速な対応をお約束します!

   お客様によるバージョンアップ作業は不要です!

介護・看護サービスを主軸としているセントケアグループならではのスピードは、弊社の誇りです。


 

 

Q12 : 入力項目が多くて、時間がかかるのではないですか?

A12 : 言葉で表現をすることやキーボード入力が苦手な方は、多少お時間がかかるかと思います。

手と目と頭が慣れてくると、1 件5 分程度の入力時間で、内容の濃い、伝わる記録が残せるようになります。

これはステーションの財産です(*^_^*) スタッフ様には「自信」という資産が残ります。


 

 

Q13 : 新人教育のためのソフトですか?

A13 : 新人の方はもちろん、ベテランの方にこそお使いいただきたいソフトです。

経験を積まれた方は、「なぜそう考えたのか」が記録に残らない傾向にあります。

それは、瞬時にアセスメントの結果がつかめることと関係しています。

アイちゃんを使うと、アセスメントフローチャートに思考過程が記録として残ります。

ステーション全体として同じ基準で判断し、根拠を明確に残すことができる訳です!

結果的に「知識の共有化」、「看護の質の向上」、「ステーション運営の安定」をもたらします。


 

 

Q14 : パソコン操作に慣れていないスタッフも使えますか?

A14 : シンプルな画面構成ですのでご安心ください。

また、導入当初は紙運用を併用することもご提案しています。


 

 

Q15 : 請求ソフトが入っているのですが・・・

A15 :「看護のアイちゃん」はアセスメントから日々の業務をサポートするシステムです。

お持ちのソフトとあわせてお使いいただけます。

※請求ソフトの入れ替え、新規購入をお考えの方は、こちらへ

 

「看護のアイちゃん」連動の請求ソフト「SuisuiRemon」

請求事務ソフトと電子カルテのセット導入は、お得です! 訪問看護の業務効率もアップします!
セット導入で経費削減と業務効率アップを実現

<公益財団法人 日本訪問看護財団 様 主催>

*お申込み・お問い合わせはコチラ → 03-5778-7005(事業部)

 東京住友不動産新宿グランドタワー5F

 http://www.jvnf.or.jp/kensyu/

訪問看護集中セミナー 

日      時:平成 29 年 11 月 11 日(土)(予定)

開催場所:ベルサール新宿グランドタワー オフィス棟5階

 

訪問看護サミット2017

日      時:平成 29 年 11 月 12日(日)(予定)

講義時間:10:00-16:30(受付開始 9:30-)

開催場所:ベルサール新宿グランドタワー オフィス棟5階

 

フィジカルアセスメントとつながった訪問看護の電子カルテ、看護のアイちゃんを体験できる展示会
訪問看護展示会の「看護のアイちゃん」ブース