2019/01/16
今回の山内先生語録は、「チアノーゼ」について☆ 今更ですが、チアノーゼってどういう状態を表しているのでしたっけ? 手指や口唇が青ざめていること?あれ?どうして青ざめて見えるのでしょう?? 「チアノーゼ」とは、酸素を含んでいないヘモグロビンが一定以上あること そう!「一定以上ある」ここがミソです!!...
2019/01/09
今回の山内先生語録は、「アセスメントとは?」です☆ (大切なところなので、しつこくお伝えしていきます。) ☆訪問看護ステーション側とすると、 「うちにはこんなに優秀なスタッフがいるのですよ♪」 「こんなに資格をもったスタッフがいるのですよ♪」と 強みをアピールしたくなりますが、カスタマー(お客様・主治医・ケアマネさんなど)は、...
2018/12/26
前回は、音叉で 「難聴の原因を確認しよう♪」のお話をしました。 今回は同じ音叉を使っての第2弾!  「糖尿病の末梢神経障害の有無や程度を確認しよう♪」です(*^。^*) 糖尿病から末梢神経障害を併発、これは何とか避けたいです。 でも、「このままの生活では大変だ!生活習慣から見直しをしないと」 と、こちらが必死にアプローチを続けても、...
2018/12/19
皆さんのステーションには、『音叉(医療用)』って、 ありますか? 実は、この音叉、「耳が聞こえにくくて」という方に対して 「何故に聞こえにくいのか??」を確認することができる優れもの! すごい!!! では、本題の前に少しだけおさらいをしましょう。
2018/12/12
看護記録を読んでいると、不思議な表現を見かけることがあります。 「著変なし 」 え?皆さんも使ったことがありますか? これってどういう意味ですか?(笑) 言葉のままであれば、 <著しい変化はなかった>ということですが、 その変化とは、いつのどんな状態と比べているのですか? 比較の言葉を使うときには、必ず...
2018/12/05
山内先生の講義を受けて、「ビビッ!」ときた内容をコンパクトにお届けしている シリーズ:山内先生語録。今回のお題は、「伝わることば」です。 ★一生懸命になればなるほど、目の前のことに夢中になって 「ここまで情報を集められました!」と長文を書いてしまいがち・・・ それで?? 自分が満足するために記録をするのではない。...
2018/11/30
この度、ナースでもある看護のアイちゃん営業担当の右腕となる アイちゃんプレゼンターを募集することにいたしました! 「看護師等で、営業で、全国を飛び回る!」というユニークな立ち位置になります☆ あなたの想いが、人をつなぎ、形になる☆ともに感動を作りましょう! 人が好き!看護が好き!という方、ぜひお気軽にお問い合わせください!
2018/11/29
今回の山内先生語録は、初心に戻って「アセスメントとは?」です☆ 「アセスメント」を正確な言葉で表現をすると 「フィジカルアセスメント」となります。 フィジカル = 身体的な アセスメント = 情報を ・意図的に ・収集して ・判断して ・共有する ここまでできて、はじめてプロの「フィジカルアセスメント」☆...
2018/11/28
山内先生の講義を受けて、「ビビッ!」ときた内容をコンパクトにお届けしている シリーズ:山内先生語録。今回のお題は、「消化管のはたらき」です。 ★消化管は1本のホースのような管ですね。「ごくん」と飲み込んだところから 意思の力は働かず、下に下にと運ばれていきます。 ではなぜ口に戻ることなく、下に運ばれていくのか?...
2018/11/26
山内先生の講義のなかで、グッ!ときたフレーズをご紹介している「山内先生語録」。 今回は、『突然の意識障害、その時あなたは?!』 意識レベルがストンと落ちた! 「こんな時に限ってペンライトがない!!瞳孔が確認できない!どうしよう(@_@;)」 大丈夫、落ち着いて瞼を開けて左右差がないか確認しましょう。 「え?ペンライトがないのに?」...

さらに表示する